ユーザー車検の流れ(自家用乗用車の継続検査の例)
従来のユーザー車検の流れ

改正で認められたユーザー車検の新しい流れ
自動車の使用者(ユーザー)が行う検査の手続き
検査の予約
↓
  • 受検の予定が決まったら、最寄りの検査場に検査の予約をしてください。
  • 予約は、受検日の2週間前から受け付けています。
検査申請書類
↓
継続検査に必要な次の書類を準備してください。
  1. 自動車検査証
  2. 自動車税納税証明書
    (登録自動車は提示の省略が可能)
  3. 自賠責保険(共済)証明書
  4. 自動車重量税納付書・印紙
  5. 継続検査申請書(3号様式)
  6. 自動車検査票・手数料納付書・印紙・証紙
予備車検
↓
  • 検査1時間前くらいに予備車検で基準適合を確認する。
  • 自賠責未加入の方は、当社で加入。
検査受付
↓
  • 検査に不慣れな方は、検査コース入場前にコースの見学をされるようお奨めします。
  • その他ご不明の点は、窓口の検査官におたずねください。
検査の実施
↓
  • 指示された検査コースで案内表示に従って、受検してください。
  • アクセルとブレーキの踏み違えには特にご注意ください。
  • ホイールカバー、スペア・タイヤ等の付加的なものは、前もって外しておいてください。
 
合格
不合格
  • 不合格項目を再度点検し、整備を実施する。
    (当社にご相談下さい)
  • 点検・整備実施後、再度検査コースに戻り検査を実施します。
  • 検査の実施へ戻る
定期点検整備
↓
  • 後日、自動車点検基準に基づき点検・整備を実施してください。
  • 自分でできない項目は、最寄りの整備工場に依頼してください。
点検整備記録簿
  • 点検整備記録簿に点検・整備の作業内容を記録簿のチェック記号に従って記載してください。
  • 整備工場で実施した項目については、その工場で作成してもらってください。
↓
使 用 継 続